ハーミットディレクトリ
Digital Design

ウェブサイトの画像デザインは意匠登録で保護できる!

WEBサイトの画像デザインは意匠登録で保護しましょう

 

ウエブサイトは、ビジネスの顔ともいえる大切な役割を果たしています。

当X-Tech部会で作成したカオスマップのクロステック企業も、それぞれユニークにデザインされたウェブページを作っておられます。

魅力あるウェブページの作成は、当X-Tech部会のメンバーである伊藤みゆきさんにお任せするとして、折角工夫して作成したウエブサイトの画像デザインを他人からマネされないように保護する方法があります。

その1つが意匠登録です。

令和2年4月に意匠法が改正され、保護できる画像デザインの範囲が大きく拡大されました。

拡大された保護範囲について

 

例えば、

 

  1. ウエブサイトに表示される画像(アイコンを含む)や、
  2. 壁や人体に投影される画像です。(注)

 

具体的に、どのような画像デザインが意匠登録の対象になるのでしょうか。
以下にいくつか例を紹介しますので、見てみましょう。

 

①意匠登録可能なPC画面の例

 

「商品購入用画像」

出典:特許庁・改訂意匠審査基準

 

②意匠登録可能なアイコン用画像の例

 

「操作ボタンを兼ねるアイコン」

出典:日本弁理士会研修会テキスト「改正意匠法」

 

③意匠登録可能なスマートフォンの画面の例

 

「スマートフォンの画面に記録・表示される画像」

出典:特許庁令和元年度知的財産権制度説明会テキスト「特許法等の一部を改正する法律」

 

④意匠登録可能な壁への投影の例

 

出典:特許庁・改訂意匠審査基準

 

⑤意匠登録可能な人体への投影の例

 

出典:特許庁平成30年度研修テキスト「意匠制度の改正に関する説明会」

 

⑥意匠登録された画像デザインの例

特許庁で最初に意匠登録された画像デザインの意匠が次の「エリアマーカー」です。

 

出典:特許庁特設サイト「令和元年意匠法改正、画像の意匠が初めて意匠登録されました」

 

サイトの画像デザインは意匠登録で保護できます

 

このようにウエブサイト等の画像デザインを意匠登録することで、自分のウエブデザインが他人にまねされないよう保護できます。気になるようでしたら、ご相談下さい。

 

お問い合わせはこちら

 

(注:ウエブサイトの画像は、PCやスマートフォン等で画面を操作するための画像、及びPCやスマートフォン等で画面のボタンを操作した結果表示される画像、所謂GUIに限られています。)

新着情報

メールマガジン

PAGE TOP